新型コロナウイルス感染症への対策等について  ~パチンコホール経営者の皆様、関係者の皆様へ~

8月17日付で本ホームページにおいてもお知らせしておりますが、当機構検査部は以下の通り、「新型コロナウイルス感染症」への対策等をとっておりますので、当機構検査部が実施する立入検査等へのご理解とご協力をお願い致します。

当機構の検査部は、本年6月より通常の検査体制で全国の誓約書提出ホールに対して随時・無通知による立入検査を、また承諾書提出ホールに対して依存防止対策調査を再開しております。

当機構検査部と致しましては、新型コロナウイルス感染症に対処するため、検査・調査を実施する当日の検温を含めた検査員の体調管理はもちろん、移動中のマスク着用、手洗いやうがい、そして検査中もマスクや手袋等を着用してホール内で作業を実施させて頂きます。さらに、検査員を含めた当機構の職員全員は、必要に応じて、新型コロナウイルス感染症への抗体検査、PCR検査等も実施してまいります。

全国のパチンコホールにおかれましては、これら当機構が実施している新型コロナウイルス感染症対策についてご理解を頂くとともに、遊技機及び計数機の検査、また、依存防止対策調査へのご協力をお願い申し上げます。

なお、当機構検査部としては通常の立入検査・調査として実施しているため、「立入拒否」等の対応は、それぞれ「立入検査実施要綱」による取り扱い、「依存防止対策への取組み状況を確認する調査実施要綱」による取り扱いとなりますので、あわせてご理解とご協力をお願い申し上げます。

また、本年7月中旬~下旬にかけて職員の抗体検査を実施し、全員が陰性であることを確認、さらに本年11月末より第二回目の抗体検査を実施しており、現時点においても実施した職員全員が陰性であることを確認しております。

一般社団法人遊技産業健全化推進機構 事務局

未入力項目があります